FC2ブログ
See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスタ・ビクトリア①  横浜から出港(乗船)

GWに世界最大のイタリアの船会社「コスタ社」の船でクルーズして来ました。

 

横浜 → 済州島(韓国) → 奄美大島(鹿児島) → 佐世保(長崎) → 横浜

七日間の船旅。

 

カジュアル船なので、優雅さや豪華さとは少し離れますが、イタリア船なので、とにかくクルーが陽気!毎日がお祭り騒ぎで、発見と感動の連続。

 

最高に楽しかった初めてのクルーズ体験日記。

よろしければお付き合いください。 あ、写真の文字が「Hong Kong」になってますが、気にしないでください~。直す気もないワタシ。

 

 

cos1.jpg

 

~コスタ・ビクトリア シップデータ~

 

総トン数:75,000トン

全長:253m

全幅:32m

船室数:964室

乗客数:2,394人

就航年:1996年(2013年改装) 

 

 

 

 

初日

 

2016年5月2日(月) 駐車場が満車になったらどうしようかと心配をしていましたが、主人がパトロール(バイクでツーリングのことです^^)がてら事前に聞きに行ってくれたところ、担当者が「今まで満車でご乗船出来なかった方はいしゃっしゃいません。万が一満車だったら担当者にお知らせ頂ければ便宜をはからせて頂きます。ただ早めに来て頂くほうが良いかと思います」とのこと。安心しました。

当日は気合いを入れて、かなり早めに到着。レンガ倉庫で早めのランチをして、新しく出来たばかりの新スポットへ。大桟橋から10 分以上歩くので良い運動になりました。

 

 

 

cos3.jpg 飛鳥Ⅱ(左)とコスタ・ビクトリア(右)

同時着岸

 

部屋のカテゴリーによって入船時間が決まっているのですが、暇なので早めに入ったところ部屋のチェックはありませんでした。 混雑を避けるため、だいたいで時間を分けているようです。

 

 

 

 

cos2.jpg

 

パスポートチェックで緊張していると、驚くことに「キレイデスネ~♪」と息子ほどの年齢のイタリア青年に言われ、気分良く乗船。さすがイタリアン。徹底している。

 

入ってすぐにコスタカードを作りました。以降、船内ではこのコスタカードがお金とルームキーになります。支払いは最終日に明細が来て、後日クレジットカードで支払うのでラクラク。もちろんクレジットカードが無い方には現金での支払い方法もあります。

 

その後、ファンタジアでランチブッフェ。旅の日程表には、初日の昼食には○がなかったので、夕食からかと思ったら昼食も船で頂けました。 前から乗っている方もいらっしゃいますのでね。紛れて入れます。というか、当然のように招き入れてくれました。

ブッフェ・スタイルのファンタジアへ。 cos35.jpg ラッキーなことに二人席へ案内されましたが、その後はだいたい大勢の席。隣との間隔が狭いのです。二千人以上が乗っているので仕方ないですね。 cos36.jpg お料理は以前のクチコミと違い、美味しかったです。 種類も十分! チャーター会社のHISがテコ入れしたのでしょうか。 cos6.jpg メインホールに飾ってあったケーキ なぜに将軍とシュレック?そしてベット? レストランに飾ってあるフルーツカービングがいつも楽しみでした。 co41.jpg 部屋へ行くとすぐに利用でき、スーツケースも届けられていました。ただし部屋の中ではなく、廊下のドアの前にありました。 cos40.jpg 部屋は暗いと酔いそうなので「窓あり」にしました。 かなりラッキーな事に丸窓ではなく、全面の大きな出窓でした。 しかも最上階にアサインされました!予約が早かったからでしょうか。 cos5.jpg 収納もたっぷり ガラスのせいで広く見えます cos30.jpg クローゼットも引き出しも広いのですが、ハンガーが少ないのでワイヤーハンガーを持参して正解! cos31.jpg シャワールームは狭いけど、ダイバーなので気にしません。ヘッドは動かせます。 洗面台も収納たっぷり。 トイレはつまりませんでした。テクニカルの問題で流れない事は一度だけありました。(並びの部屋は全部ダメだったそうですが、すぐ戻りました) cos32.jpg とにかくこの大きい窓が気に入りました。 もっと部屋に居たかったけど、船内イベントも多いし、大忙しでした。 ↓ポチッとお願いします♪ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。