FC2ブログ
See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスタ・ビクトリア⑤ 乗船二日目 ナイトライフ

今年のゴールデンウィークにイタリアの船コスタビクトリアに乗船した時の日記。二日目の夜の様子です。

前日に横浜から乗船して、韓国の済州島へ向かうため、この日は終日航海でした。
かなり揺れまして、みなさんグッタリしていた様子。
(お陰様で我が家は元気モリモリでしたけれど)

夜は「ウェルカムガラディナー」なのに、かなり空席が目立ちました。
1/3~1/4位はいらっしゃらなかったかも。後日同じ席の方に聞いたら、「あの日は船酔いで死んでいて食事どころじゃなかったわ」とおっしゃっていました。

ウェルカム・ガラディナーはとても美味しくて、いつもはプラス料金が必要なロブスターも選ぶことが出来ました。ただしロブスターの二回目以降の注文は有料と書いてありました。


cos101.jpg

メインロブスター甲殻類ソース
ウェリントンビーフフィレステーキ パイ包み マスタードソース
豚肉のコルドンブルー
などなど



この日はカロリーを忘れてフルコースで注文してしまいました。
ロブスターもステーキのパイ包み焼きもとっても美味しかったです。
盛り付けとお皿は・・ザックリしています^^


cos102.jpg


cos103.jpg


話はそれますが、夕食に関しての補足です。
オーダー式のディナーは、自由参加でして、欠席でも連絡不要。
メニューは好きな物を好きなだけ選ぶことが出来ます。もちろんフルコースにしなくても、少しだけでも可能。

オーダー式のレストランの他にもビュッフェや軽食もあるし、有料のホットポット(鍋料理、25ドル+15%サービスチャージ)やイル・マニフィコではスペシャル・メニュー(昼19.88ドル+サービスチャージ15%、夜38.50ドル←サービスチャージ込み)もあります。



この日はドレスコードが唯一「フォーマル」の日。あとは「カジュアル」でした。

ドレスコードは旅程に記載されいてるので出発前にわかるわけですが、なんせ船旅はお初の我が家。

どの程度を目指せば良いか、皆さんの気合いの入れ具合はどんなものなのか、全くわからず、とりあえずありったけをスーツケースに詰め込み凄い量になってしまいました(笑)


皆さんどんな様子なのかとても心配でしたが、思い思いのオシャレを楽しんでいる感じで、ファッションチェックしてるだけで楽しかったです。

着物やタキシードでキメキメの方もいましたし、ロングドレスやカクテルドレスの方も。

特にちっちゃな女の子達がプリンセスみたいなチュールのドレスを着たりしていて、可愛かった!


カジュアル船なので、特別にラグジュアリーな雰囲気でなくても、披露宴に出席する感じで十分だと思います。



cos104.jpg

夜は船長主催のウェルカムパーティー、船長との写真撮影会、ウェルカムガラディナー、コスタビクトリアのオフィサーとダンス、コスタビクトリア・ダンサーズや専属テノール歌手のミュージカルなどなど。

これぞ船旅!

フェスティバル劇場でのウェルカムパーティーは無料でカクテルが配られていました。

コンコルドプラザでのオフィサーとのダンスは、腕に自信あり!のおば様方がノリノリでステップを踏んでました。



そして、遊び疲れてまたまた深夜にヌードルバーへ。

夕食はフルコースを食べたけど、時間が早かったから・・という言い訳と共に。


cos105.jpg
ヌードルは思った程ひどくないし、ピッツァもなかなかでした!



こんな揺れの中でも、三食完食、満腹。
頑丈な体に感謝。


あー、楽しすぎて、もったいなくて、眠りたくない。


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。