FC2ブログ
See more details
Title List

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール発 世界遺産マラッカ日帰り 陸路で国境越え!

GWにシンガポールへ行った際に、シンガポール発のマラッカ日帰りツアーに参加しました。

いつもお世話になっているベルトラさんのツアーです。

気軽に1時間でマレーシアへ行かれる「ジョホールバル」と迷ったのですが、クチコミを読んだところ少し物足りなかったので、思い切ってマラッカまで遠出してみました。




ain21.jpg



一番心配だった長時間の移動は、40名程もお客さんが居て大型バスだったのでラクで苦にになりませんでした。

GWだから沢山参加していたと思いますが、普段はもう少し小さい車かと思われます。


ain19.jpg



マレーシアは一昨年コタキナバルに一度行っただけで2回目。

飛行機以外の「陸路での国境越え」も体験した事はあるのですが(アメリカ⇔メキシコ)、本当に行って良かったです。
パスポートのスタンプが増えるのは嬉しいですね。

シンガポールのガイドさんもマレーシアのガイドさん(エリックさん)も日本語がとっても上手で感じが良かったです。マレーシアのお話も勉強になりました。

マレーシアは物価が安いので、シンガポールから気軽に買い物に行くそうです。
また逆にシンガポールは賃金が高いので、マレーシアから日帰りで出稼ぎに行く人が多いのだそうです。



ain22.jpg
こんな景色を眺めながらのんびりと・・・



ain20.jpg
途中で二回程トイレ休憩
でも買い物をする所はココだけ~


クチコミで評判が芳しくなかったランチ。
レストランはお世辞にも綺麗な雰囲気ではありませんし、トイレも激しくポンコツですが、ニョニャ料理の味はとても美味しかったです。


ain24.jpg

みんなで取り分けスタイルです。

ここのレストランも土産物屋もトレイが汚かったです。
ペーパー必須!(サービスエリアはそれほど汚くなかったです)
シンガポールとの差を感じます。



ain23.jpg



ain25.jpg
車窓から一瞬見えたマラッカ海峡



食事の後に歩いて観光ですが2時間位あります。
とにかく暑い、日差しが強い。日除け対策をお忘れ無く。


ain26.jpg
世界遺産の街
絵になります


ain27.jpg


ain28.jpg
きゃ~~!
キティちゃんがヒドイ事に・・・



ain31.jpg
世界中で愛されているキティちゃん
人気者はツライ・・・



ain30.jpg


ain29.jpg



ain32.jpg
マラッカといえばこの景色
見ると幸せになれるという爬虫類、川でチラリと見かけました



ain33.jpg
オランダ広場


ain34.jpg
キリスト教会


ain35.jpg
ひゃ~~!
またしても・・・
ピカチューまで!

トライショー乗ってみたかった。



ain36.jpg
セントポールの丘に立つザビエル像



ain37.jpg
かすかに見えたマラッカ海峡



ain38.jpg



ain39.jpg
フランシスコザビエルの遺体が一時保管されていたそうです



ain40.jpg
サンチャゴ砦



ain41.jpg
マラッカ王国の宮殿博物館



いや~、見応え抜群ですが、とにかく暑い!!
日傘、日焼け止め、必須です。

この日はもともと体調不良だったので、フラフラでした。



時間がないので仕方ありませんが、20分でいいので自由に買い物する時間が欲しかった。
マレーシアのお金を持って行きましたが全く使えませんでした。




ain42.jpg
最後に立ち寄る土産物屋
一般のお店ではありません



最後にお土産屋(?)に寄りましたが、買いたい物はなく、マレーシアやシンガポールのスーパーで売っているBOH TEAを買おうと思いましたが2~3倍もしたのでやめました。(シンガポールドルも日本円も使えたらしいです) 

冷たいドリンクだけ買いました。暑いので水分補給!



ain43.jpg

綺麗な景色を眺めながら帰りはウトウト



マレーシアのガイドさんはシンガポールのガイドが出来ないそうで、シンガポールに入ってからトークはストップ。


本当に楽しかったシンガポールからマレーシアへのデイトリップ。
学校で習った歴史にもほんの少し触れる事が出来て良い思い出になりました。





「参考になった!」「がんばれよ!」と思って頂けたらポチッとお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。